不 動 七 重 滝
  

 

落差

100m

所在 下北山村前鬼
評価 A 訪問難度 A:道路から見れる
Blog
駐車場 路肩
詳細

   その桁外れのスケールのでかさは100選の中でもトップクラス。7段の大きな釜を持つ段瀑で、遊歩道を30-60分ほど歩くと3段目(一番大きい)の真横に辿り着ける。遠望でもその迫力、音の大きさなので、真横なんて鼓膜が壊れるかもしれない(大げさ)w秋には多くのカメラマンも押し寄せるとのこと。

 

2014.03.15

 

 

inserted by FC2 system